ASUE通信

official blog

リスティング広告やインターネット広告の
専門知識からWeb業界の疑問やトレンドを
ASUEスタッフが毎日追求・更新していきます!

ホーム > ASUE通信 > リスティング広告 > 広告グループ・キーワード・広告文の登録:「とりあえず」自分でGoogleに広告を出すための解説11

ASUE通信編集部

ASUE通信編集部

2014.08.25

広告グループ・キーワード・広告文の登録:「とりあえず」自分でGoogleに広告を出すための解説11

LINEで送る
Pocket

こんにちは!
ASUEのカズです!

「とりあえず」シリーズも第十一回目です。

≪これまで≫

今回で大詰めです!

google_ads11

広告グループ&キーワードの登録

前回は「キャンペーン」を登録したところまでで終わりました。
(中途半端なところで終わってしまってすみません……)

今回はその続きで、まずは広告グループとキーワードを登録していきます。

1

①には「リンク先ページ」のアドレスを。
(広告グループ毎にリンク先が違う場合は①は省略可能です。)
リンク先ページは「ランディングページ(Landing Page)」や、それを省略して「LP」と呼ばれたりします。
「ランディング」とは飛行機などの「着陸・着地」のことです。

②の広告グループ名ですが、その広告グループを代表するキーワードなどでOKです。
間違っても、デフォルトの「広告グループ#1」や、「1」などにはしないでください。
あとからなんのことかわからなくなります。
そうなると結構面倒ですよ(笑)
ただし、後から変更可能なので、あまり深く考えなくても大丈夫です。

③はキーワードですね。
広告グループに分けたときのグループ毎のキーワードを入力していきます。

④は、キャンペーン内に複数の広告グループがある場合にクリックして追加していきます。

3-2

全部入力できたら、「広告に進む」をクリック……しないでください!
「広告に進む」で次へ進むと、どうやら「短い広告文」しか登録できないようです。
なので、「保存して後で広告を作成」をクリックします。

4-2

すると次の画面で「デフォルトの入札単価」の入力を求められます。
これにもいろいろな考え方があり、「クリックを最大化するには~」とか「コンバージョン率がこのくらいだから~」とか色々あるのですが、「とりあえず」シリーズなので、あまり深く考えたくない方は「とりあえず100円」でいいかと思います。
調整は後でいくらでもできますので。

そしたら、ひとまずは「保存して終了」します。

広告文を登録

次は広告文です。
なぜか日本向けの長い広告文(15・19・19文字の型)が登録できないようなので、ちょっと面倒くさいですが遠回りして登録します。

5

まずトップページで先ほど作ったキャンペーン「喫茶店」をクリックします。

6

次に、広告グループ「喫茶店」をクリックします。

7

「キーワード」画面が表示されると思いますので、「広告」タブをクリックします。

8

赤い「+広告」というボタンをクリックします。

9
広告文を考える」で作った広告文を登録していきます。

10

すると、エラーが出てしまいました。
英語の大文字の使い過ぎも良くない、というルールに引っ掛かってしまったようです。

仕方がないので、ASUE-CAFEをAsue-Cafeにして登録し直します。
こういうことはよくあります。
また、「使えない記号などを使っていて、後から広告文が不承認になった」という事態もありますので、その場合も該当箇所を修正して再申請してください。

11

これで登録完了です。
他の広告グループにも登録していきます。

12

いちいちトップに戻って、というのも面倒くさいと思いますので、左側のメニューから広告グループを選んで登録していきましょう!

すべて登録できたら準備完了!

あとは「お支払い情報」を入力するだけです!

お支払情報の入力

さて、「お支払情報の入力」ですが、多分すでに以下のような警告が表示されていると思います。

13

この警告の「修正」をクリックしても良いですし、

14

右上の「歯車」から「料金」を選んでもOKです。

15

「次へ」をクリックし、諸々の情報を入力してください。
入金はクレジット・デビットカードだけでなく、銀行振り込みなども可能です。
入力した情報に誤りがなければ、登録完了です!

クレジット・デビットカードで入金されている場合は、すぐに広告が表示されます!

おめでとうございます!広告出稿完了です!

以上で必要最低限な作業は終了です。

これでGoogleに検索連動型広告が表示されて、webサイトへの流入が増えて、商品が売れてウハウハ……とはなりません。

言い切ってしまうのもなんですが、ほとんどの場合はそうはならないと思います。
もし、これで売り上げが上がったとしたら、ラッキーだったか、アカウントの構築が上手く行ったか、広告文が良かったか、競合が少ないキーワードだったかのいずれかだと思います。

  • 検索しても広告が表示されない
  • 検索順位が低い
  • クリックされるけれど、予算がすぐなくなってしまう
  • 広告をクリックされない
  • クリックされているのに、お問い合わせに結びつかない

などなど……さまざまな問題が噴出してくることと思います。

ではどうすべきか。
それを次回解説して、「とりあえず」シリーズの締めくくりたいと思います!

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ窓口

本ダイアルはリスティング広告認定資格者がご対応しています

0120-212-183

リスティング広告運用代行認定資格者

名古屋オフィス/本社
〒460-0003
名古屋市中区錦3丁目5番30号 三晃錦ビル6F
東京オフィス
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-14 ワコー代々木ビル2F

お役立ち資料のご案内

とにかく資料だけ送ってほしいという企業様

金額にまつわる内容や弊社オリジナル事例の内容などをまとめた資料をご案内しております。
恐れ入りますが、お役立ち資料のダウンロードをお願いします。

パートナー専用資料ダウンロード

資料イメージ