ASUE通信

official blog

リスティング広告やインターネット広告の
専門知識からWeb業界の疑問やトレンドを
ASUEスタッフが毎日追求・更新していきます!

ホーム > ASUE通信 > リスティング広告 > Yahoo!の広告商品で調べられる「広告商品検索」を使ってみた。

2015.06.05

Yahoo!の広告商品で調べられる「広告商品検索」を使ってみた。

LINEで送る
Pocket

Yahoo!の広告サービスの情報を見られるYahoo! JAPAN マーケティングソリューションというサイト内に、出稿目的に応じて広告商品を検索できる「広告商品検索」というページがあったので使ってみました。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-01-LISA78_MBAsawaru20141018102912500-thumb-1000xauto-5892
Photo by Pakutaso.com

出稿目的に応じて選べる

「広告商品検索」は、以下の4つの項目からそれぞれ選択することでYahoo!の広告商品を検索できます。

項目 選択肢
広告タイプ すべて、テキスト、画像、ビデオ
価格 すべて、1円~、50万円~、500万円~、1,000万円~
デバイス すべて、PC、スマートフォン
出稿の目的 すべて、ユーザーの記憶に残す、ユーザーの行動を起こす

 

検索結果に出てくる広告サービスは、Yahoo!プレミアム広告とスポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)、CRITEOリターゲティング広告の4つがあります。

試しに以下の選択肢で検索してみたら、YDNが出てきました。広告商品の説明が簡潔にわかりやすく書かれています。
Y!adsearch1

使ってみた感想

思っていたより検索できる広告商品が少ないですね。選択肢の組み合わせによっては、検索結果に1件も出てこないということもあり、「ちょっと検索できる商品が少なすぎるような……」と思ってよく見たら、検索できる広告商品が全部で11件しかありませんでした。

Y!adsearch2

使う前は、Yahoo!プレミアム広告の商品がたくさん出てくるのかと思っていたのですが、代表的な商品しか検索できない状態になっています。

ということで、あまり使い勝手は良くない気がします。広告商品の説明が項目ごとにわかりやすく書かれているので、Yahoo!の広告商品のことを全く知らない人が使ってみるのはありかなと思いますが。

最後にまとめ

Yahoo!の広告商品を検索できる「広告商品検索」を紹介しました。現段階では検索できる広告商品が少ないので、個人的に使う機会は少なそうです。今後、検索できる商品数は増えてくれば使うこともあるかな、という感じです。

LINEで送る
Pocket

この記事を書いた人

アオヤマ

アオヤマ

リスティング広告運用担当。大学卒業後、2ヶ月ほどニート生活を満喫してからASUE株式会社に入社。最近、職場に置いてあるコーヒーメーカーの使い方を理解し始めた。ちなみに、「リスティング広告 眼鏡」で検索すると、僕の記事が一番上に出てきます。

このライターが書いた記事一覧

お問い合わせ窓口

本ダイアルはリスティング広告認定資格者がご対応しています

0120-212-183

リスティング広告運用代行認定資格者

名古屋オフィス/本社
〒460-0003
名古屋市中区錦3丁目5番30号 三晃錦ビル6F
東京オフィス
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-14 ワコー代々木ビル2F

お役立ち資料のご案内

とにかく資料だけ送ってほしいという企業様

金額にまつわる内容や弊社オリジナル事例の内容などをまとめた資料をご案内しております。
恐れ入りますが、お役立ち資料のダウンロードをお願いします。

パートナー専用資料ダウンロード

資料イメージ