リスティング広告運用代行正規代理店のASUE

2013年03月11日 WEBマーケティング

ネット選挙運動解禁でどう変わる!?禁止事項・注意点は?

こんにちは、ASUE(アスエ)のデザイナーの岩田です。
今度の夏に行われる参院選から、ネット選挙運動が解禁になりそうですね。
ASUEにも、解禁の決定前に、すでに数名の政治家の方からネット選挙運動へのお問い合わせをいただいています。

ネット選挙運動解禁と聞いて、ネットで投票できる電子投票と勘違いしている人も多いようなので、解禁の内容をご紹介します!

—————————————
ネット選挙運動解禁でできること
—————————————

■候補者(政治家)
・ホームページで、政策のアピール、表明
・選挙期間中にSNS(Facebook、Twitter、ブログなど)で投稿
・(同意した有権者にのみ)メール配信
・演説会や、選挙活動風景などの動画配信

→ ブログやFacebookでの発信なら気軽にできるので、少ないコストでも選挙に出馬することができるようになりますね。

■有権者
・(他の有権者に)応援している候補者や、支持している政党への投票の呼びかけ
※逆に「この候補者には投票しない」などの反対運動も可能になってしまいます!!
・候補者に政策への考えをネットで質問

→ 有権者は自由に自分の意見を発信できるようになったり、候補者とのコミュニケーションも気軽にとることができるようになるため、他の有権者へ良い影響も悪い影響も広がりやすくなりそうです。

—————————————
禁止事項があります!
—————————————
ネットでの選挙運動でできることが増えましたが、色々決まりがあり、違反者には罰金、禁錮刑などの罰則があるため注意が必要です。
※禁止事項(一部)
・有権者が発言する際にはメールアドレスや名前の表示が必要で、匿名での発信はNG。
・自作自演での発信はNG
・選挙運動のための有料のネット広告は禁止。(政党のバナー広告は認められるそうです。)

—————————————
こんなことに注意しましょう!
—————————————
候補者も有権者も気軽に始められる分、注意点が増えますね。
※注意点
・安易な発言や不適切な投稿などをして炎上した場合、広まるのも早く、大きな被害が出ることも。
・候補者同士のネットでの戦いが激化する
・今までは支持者に囲まれていたため、聞こえてこなかった厳しい声が、反対者から直接言われることも。

ネット選挙運動解禁によって、1番のメリットは「若年層の選挙への関心が深まる」ことではないでしょうか。
私も、政治は難しくてよく分からない、という苦手意識がありますが、地元の政治家の方なら、気軽にいいね!して情報を閲覧するようになる気がします。

年金ことなど、若年層に響く内容はネットで多く発信して、高齢者に必要な情報は選挙カーなど 、広報活動を使い分けて支持者を集める必要があるようです。

ネット活用例★ オバマ大統領

オバマ大統領のネット選挙活用事例

アメリカのオバマ大統領は、大統領選の時にネットをフルに活用して認知度をあげていましたね。
1番の戦略は、公式サイトを充実させて、有権者、支持者との交流をはかったことです。

(当たり前ですが)英語ですがご覧ください

■オバマ大統領公式サイト http://www.barackobama.com/
まず最初に、銃を減らすという支持ができるようオバマ大統領を支持するメールアドレス登録フォームが印象的です。
また、動画も多く配置され、Facebookのシェアボタンなど配置して、SNSでの拡散もねらっていますね。
右メニューには5ドルという少額から寄付できるようになっています。少額なら気軽に寄付できるし、寄付したら支持したくなる、という心理を上手に利用していますね!勉強になります!
■オバマ大統領Facebook http://www.facebook.com/barackobama
Facebookも職務中やプライベートの写真、ニュースの図…といろんな情報をほぼ毎日更新していますね。

 

まだ日本の政治家の方でここまでネット活用をしている人はいないので、今のうちからどんな方法でどんな発言が支持されやすいか考えていくと他の候補者の方と差をつけることができますね。

 

私は正直、Webの仕事だから、政治のことはまだ分からなくていいかなーと思っていましたが、Webにも政治が関わってきました!
政治家の方も「Webはよく分からないからまだいい」ではなく、他の候補者の方と差を付けられるチャンスです!
お互いの専門分野を持ち寄って、新しいことをどんどん発信していけるといいですね。

関連記事
政治家がホームページ制作・フェイスブックページ制作を行い選挙活動をする時代へ

—————————————
■その他のブログはこちらからどうぞ↓↓↓
https://asue.jp/blog/
■ASUE株式会社のホームページはこちら↓↓↓
http://asue.jp/
■ASUE株式会社のFacebookページもチェック↓↓↓
http://www.facebook.com/ASUE.Inc
—————————————

ASUE通信編集部

ASUE通信編集部

ASUE通信の編集部です。みなさんのお役に立てるような情報を更新していきます!
TAG

RELATED POST

関連記事

ASUEの最新情報を
お届けします。

お電話でのお問い合わせ

ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで! ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで!

※本ダイヤルはリスティング広告認定資格者が対応いたします。

[営業時間]9:00~18:30 [定休日]土・日・祝

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

ページ上部へ戻る