リスティング広告運用代行正規代理店のASUE

2014年11月21日 Google AdWords

GoogleアナリティクスでAdWordsのデータをツリーマップで見られるように!

こんにちは!ケンです。

何気なくGoogleアナリティクスを見ていたら、AdWordsのデータをツリーマップで見られるようになっていました

ということで今回は、GoogleアナリティクスでAdWordsのデータをツリーマップで表示する方法とその使い方について書こうと思います。

treemap-aicatch

ツリーマップの表示方法

集客AdWordsツリーマップから表示することができます。

treemap

ただ、使うためにはAdWordsとアナリティクスをリンクする必要があります。リンクしていない場合は下記のメッセージが出てきます。

treemap1

もしこの画面が出てきたら、青色の設定ボタンを押し、該当するAdWordsアカウントを選んでアナリティクスとリンクします。
ただし、リンクしてもすぐに反映されないようです。

ツリーマップ機能を使ってみる

データが反映されると下の画像のような画面が出てきます。

treemap2

ちなみにこちらはキャンペーンごとのデータです。

メインの統計情報で、セッション数や表示回数といった量的な指標を選ぶことができ、長方形で表示されます。
サブの統計情報で、クリック率や直帰率といった相対的な指標を選ぶことができ、で表示されます。ちなみに、色は緑が良い状態、赤が悪い状態を表しています。

上の画像を見ると、左側に最も大きく表示されているキャンペーンはセッション数が最も多く、直帰率も低いということがわかります。
逆に右下にあるキャンペーンはセッション数が少なく、直帰率が高くなっています。

AdWordsの画面でもデータを見ることはできますが、視覚化されていると一目で把握できますね。

また、色のついた部分をクリックしていくと広告グループ、キーワードごとのデータを見ることができます

最後にまとめ

GoogleアナリティクスでAdWordsのデータをツリーマップで表示できる!
データをビジュアル表示して分析に役立てよう!

やはりビジュアル化されると分かりやすいです。

ベータ版とのことですので、今後さらなる機能の追加があるかもしれません。

アオヤマ

アオヤマ

リスティング広告運用担当。大学卒業後、2ヶ月ほどニート生活を満喫してからASUE株式会社に入社。最近、職場に置いてあるコーヒーメーカーの使い方を理解し始めた。ちなみに、「リスティング広告 眼鏡」で検索すると、僕の記事が一番上に出てきます。
TAG

RELATED POST

関連記事

ASUEの最新情報を
お届けします。

お電話でのお問い合わせ

ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで! ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで!

※本ダイヤルはリスティング広告認定資格者が対応いたします。

[営業時間]9:00~18:30 [定休日]土・日・祝

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

ページ上部へ戻る