ASUE通信

official blog

リスティング広告やインターネット広告の
専門知識からWeb業界の疑問やトレンドを
ASUEスタッフが毎日追求・更新していきます!

ホーム > ASUE通信 > リスティング広告 > キャンペーンを作成:「とりあえず」自分でGoogleに広告を出すための解説10

ASUE通信編集部

ASUE通信編集部

2014.08.11

キャンペーンを作成:「とりあえず」自分でGoogleに広告を出すための解説10

LINEで送る
Pocket

こんにちは!
ASUEのカズです!

「とりあえず」シリーズも二桁、第十回です。

≪これまで≫

今回は、いよいよオンラインに戻ります!

google_ads10

「キャンペーン」でまとめる

「キャンペーン」とは、「広告グループ」の塊のことです。
特に「予算管理」と「出稿地域」の関係で分けたりしますが、そのほかにも、デバイスで分けたり、商品で分けたり、季節で分けたり……と、自分の管理しやすいように分けることが可能です。

これまで使ってきた例を使うと、以下のようになります。

喫茶店キャンペーン:予算多目、地域限定

缶コーヒーキャンペーン:予算少な目、全国

実際にキャンペーンを登録してみる

さて、これで終わり、ではさすがに怒られそうなので、実際にキャンペーンを登録してみましょう!
それでは早速、Google AdWordsにアクセスしてください。

第四回:Google AdWordsアカウント開設の時に、以下の画面を開いたのを覚えていますでしょうか。
4この画面の左上、「最初のキャンペーンを作成」をクリックします。

416

すると、次の画面に進みます。

1

ここで、キャンペーン名などを入力しますが、以下の順番で入力・変更してください!

3

①タイプを「検索ネットワークのみ」にし、
②キャンペーン名を入力し、
③地域を絞り、
④予算を入力する。

特に注意すべきは「①タイプを「検索ネットワークのみ」に」することです。
これを「検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)」のままにしておきますと、ディスプレイネットワークと言う、各サイト内に主にバナー広告を表示させるスペースにテキスト広告が表示されてしまいます。

すると、表示回数をやたらと増やし、クリック率を少なく表示することで検索広告の効果がわかりにくくなってしまいます

純粋に「検索」のみの結果を知るためにも、ここは「検索ネットワークのみ」にしておきましょう。
(※似たようなの理由から、「Googleだけでの効果を求めたい」場合は、「ネットワーク」の「検索パートナーを含める」のチェックを外すこともできます。)

ちなみに、「③地域」ですが、「検索オプション」を使えば、市町村単位だけではなく、「ある地点から半径何キロ」のような設定もできます!

4

同じ市内でも、遠すぎるとちょっと……」という事もあるかと思います。
そういった場合は、こういう方法でも、ターゲティングができちゃいます。便利ですね。

さて、一つ目のキャンペーンの設定が終わったら、「保存して次へ」行きましょう!
そして、「広告グループ&キーワード」「広告文」の登録になりますが……
時間が来てしまったため、そこはまた次回、ということで(笑)

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ窓口

本ダイアルはリスティング広告認定資格者がご対応しています

0120-212-183

リスティング広告運用代行認定資格者

名古屋オフィス/本社
〒460-0003
名古屋市中区錦3丁目5番30号 三晃錦ビル6F
東京オフィス
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-14 ワコー代々木ビル2F

お役立ち資料のご案内

とにかく資料だけ送ってほしいという企業様

金額にまつわる内容や弊社オリジナル事例の内容などをまとめた資料をご案内しております。
恐れ入りますが、お役立ち資料のダウンロードをお願いします。

パートナー専用資料ダウンロード

資料イメージ