リスティング広告運用代行正規代理店のASUE

2014年05月28日 ASUE

「自分がリラックスする」というコミュニケーション能力

こんにちは。代表の安江です。

新年度も2カ月が過ぎようとしています。
4月5月と駆け抜けてきた新入社員の方たちの中にも、そろそろ息切れを感じてきている人もいるのではないでしょうか。
特に上司、先輩、お客様とのコミュニケーションの中で、言いたいことをぐっと堪えることに息苦しさを感じている人もいるかと思います。

最近、先輩の教えで思い出した言葉があります。

コミュニケーションにおいて大事なのは
「相手に気持ち良くなってもらおう」と心がけるよりも
「俺はあなたといるときはこんなにリラックスしてますよ」って開示すること。

「相手に気持ち良くなってもらおう」とは?

「相手に気持ち良くなってもらう」ために、とにかく相手を尊重して、肯定して、否定はしないと考えがちです。

ある意味では、相手の気持ちを最優先に考えた対応ですね。
しかし、それが行き過ぎると、どこか相手をよいしょして阿(おもね)るような形になってしまう人も多いです。

「リラックスしてますよ」って開示する

人と居て、自分がリラックスしている時は、ユーモアのある受け答えができたり笑い話で盛り上がったりしますよね。

時に失言もあるでしょうけど笑

そういったリラックスができる人は、ビジネスではお客様や上司や先輩にも言いたいこと、言い難いことを伝えられる交渉力のある人が多いイメージです。
それは「その人がリラックスしている」というのが、話し方や態度から伝わってくるからだと思います。

先輩がいいたかったことは・・・

「コミュニケーション力」を高めるなら、「相手を肯定する能力」に満足するのではなく、「リラックスをして話をする力、緩急を状況に応じて使い分ける力をつけなさい」ということだったのだと、後に気づきました。

プライベートであれば相手に不快な気持ちを与えなければ問題にならないケースも多いのですが、仕事となると交渉や調整という状況が発生するためコミュニケーション力は不可欠です。

たしかに自分も、変に上司だからといって距離を取るメンバーよりも、程よい距離感で、たまにズバッと話をしてくるメンバーの方が話をしていて面白いし、コミュニケーションをとりやすい傾向があります。

ビジネスで活かすには

ビジネスではコミュニケーション能力というのは非常に重要です。

N934_akusyusuruhutaribiz500

基本的に、お客様と営業側とでは利害関係あるため、営業トークではまずは「相手に気持ち良くなってもらおう」という基準でお客様と接することとなります。

しかしビジネスでは言い難いことや、会社都合とお客様のご要望を調整しなければいけないケースが多々でてきます。

その度に「相手に気持ち良くなってもらおう」という基準でいては、交渉ごとは不利になるばかりです。

言い難いこと、都合の悪いことを伝えるとき、「リラックスした関係」が必要となります。

それは、信頼を築くということです。
そのためにはまず、自分から「あなたといてリラックスできています」という姿勢を見せなければなりません

そうしてリラックスした関係を築くことができている人は、交渉事をうまく運ぶ人が多いので、結果的に仕事をうまく進められることが多くなります。

最後にまとめ

言い難いことも言い合える関係性のため
まずは自分からリラックスする力をつける!
それも「コミュニケーション能力」!

常に「お客様の下」「上司の下」というスタンスでは、精神が摩耗してしまいます。

お客様とパートナーとして、上司とチームとして意見が言い合える関係を築くことができれば、仕事はもっと楽しくなるはずです。

安江真一

安江真一

ASUE株式会社 代表取締役 2012年にASUE株式会社を創業。2017年はひよっこと名古屋グランパス風間監督を応援しています。揚げ物にはソースたっぷり派(上は全部ソース色にしたい)。特技はアイスコーヒーの一気飲み。
TAG

RELATED POST

関連記事

ASUEの最新情報を
お届けします。

お電話でのお問い合わせ

ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで! ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで!

※本ダイヤルはリスティング広告認定資格者が対応いたします。

[営業時間]9:00~18:30 [定休日]土・日・祝

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

ページ上部へ戻る