ASUE通信

official blog

リスティング広告やインターネット広告の
専門知識からWeb業界の疑問やトレンドを
ASUEスタッフが毎日追求・更新していきます!

ホーム > ASUE通信 > リスティング広告 > オンラインマーケティング業界では女性が21%も「過小評価」されている!?

ASUE通信編集部

ASUE通信編集部

2014.05.14

オンラインマーケティング業界では女性が21%も「過小評価」されている!?

LINEで送る
Pocket

こんにちは!
ASUEのカズです!

昨日のブログが思わぬ反響を呼んでいて驚きを隠せません(笑)
なにより、今日のブログが書きづらい
が、今日は真面目な記事ですよっとw

オンラインマーケティング業界では女性が21%も「過小評価」されている!?

海外ブログで紹介されていたリスティング運用10のヒント(前編後編)でも紹介したボストンにあるWordStream社のブログで、またも面白い記事を見つけたのでご紹介します。

またもこの人、自称 Google関係者以外ではAdWordsに関して世界のだれよりも知っている男・CTO ラリー・キム氏による「Gender Bias in Online Marketing: Data Shows Women Are Undervalued by 21%(オンラインマーケティングにおけるジェンダー・バイアス:データは女性が21%過小評価されていることを示した)

ちょっと長い記事なので、掻い摘んで紹介します。
なお、今回紹介するデータ等はアメリカ・WordStream社で集計されたものです。

女性のサービス外交員の評価が低い

キム氏がこの問題に興味を持ったのは、顧客満足度調査の結果を見たからだそうです。

転載元:WordStream

転載元:WordStream

9人のサービス外交員の平均は3.11ですが、女性サービス外交員は全員、平均を下回っているどころか、男性の最低スコアよりも高い点数の女性がいないのです。
男性と女性の差が約21%あることになります。

「これはジェンダー・バイアス(性差別)が働いているに違いない!」

そう思ったキム氏は調べを進めます。

SEMでは女性の方が男性より良い結果を残している

そこで、AdWords Performance Graderという自分ところのツールを使ってすべての顧客アカウントのパフォーマンスを調べることにしたそうです。
なんというステマ!(笑)

転載元:WordStream

転載元:WordStream

その結果、女性サービス外交員の関わるアカウントの方が、男性サービス外交員が関わっているアカウントより9ポイント高かったそうです。

彼らは「サービス外交員」なので、直接アカウントの運用に関わるわけでなく、アドバイスをしたりして関わるそうです。
ですので、実際の運用はクライアントがやっているとのこと。
とはいえ、実際に女性サービス外交員が関わるアカウントの方がパフォーマンスが上がっています。

キム氏は、「もちろんこれは、女性の方が生まれつき男性よりも有料検索アカウントの運用に長けているということを意味するわけではない。だが、これは女性は、男性と同じくらい、もしくはより良いと感じてもらうためには、男性より高い結果を出さなければいけないということを意味しているのかもしれない」とコメントしています。

「中間」が「一番ひどい」

キム氏はさらに、データサイエンティストの力を借り、パフォーマンススコアを5段階に分けで分析しました。

転載元:WordStream

転載元:WordStream

パフォーマンススコアに関係なく、女性サービス外交員は男性より顧客満足度が低くなっているだけでなく、特に中間と下から2番目の区分では、男性と女性の差がほぼ1ポイントになっています。
つまり、平均的、もしくは平均より少し悪いくらいのアカウントを運用しているクライアントは、男性に高評価を与え、女性に低評価を与える傾向があるようです。

クライアントの性別は関係するのか

さらにさらに、クライアントの性別が関係するのかどうかもキム氏は調べています。

転載元:WordStream

転載元:WordStream

表を見ても明らかなように、女性クライアントのほうが男性クライアントよりも、男女サービス外交員の差が大きくなっています。

「女性は女性に厳しい」などと言ったりしますが、そういったものが現れているのでしょうか……

女性サービス外交員はどう思うか

キム氏はこの結果をもって、自社の女性サービス外交員に意見を求めたところ

  • 男性の態度や話し方のほうが「自信」を感じやすいのだと思う
  • クライアントにアドバイスをしたところ、クライアントにセカンドオピニオンを求められ、電話で他の男性社員に全く同じアドバイスをしてもらった経験が何度もある
  • 新しいクライアントに、男性の方が働きやすいから男性サービス外交員にしてくれと言われたことがある

などの話が聞かれたそうです。

日本ではどうなるのだろうか

これは、アメリカでの、そしてWorStream社1社のみのデータです。
ですが、とても興味深いデータだと思います。

日本ではどんな結果になるでしょう?
残念ながらASUEは何人もリスティング運用者がいる企業ではないため、この問いに答えることはできません。

ですが昨日、BLOGOSで目を引く記事が掲載されていました。
「男性不況」下の専業主婦願望〜理想と現実のギャップ」という記事です。

男性の給与が下がる中、女性が働く必要性も増えていくと思いますが、女性が働きたくないと感じるのは、こうした給料以外での性差が関係しているかもしれません。

最後にまとめ

結果に関わらず、女性が男性より低く評価されることもある!?
女性の意識だけでは変えられない問題に、どう立ち向かうべきかを考え続けるべき

なんいうか、「あの」アメリカでも、男女差別が依然あるんですね。
この問題、まだまだ根深そうです。

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ窓口

本ダイアルはリスティング広告認定資格者がご対応しています

0120-212-183

リスティング広告運用代行認定資格者

名古屋オフィス/本社
〒460-0003
名古屋市中区錦3丁目5番30号 三晃錦ビル6F
東京オフィス
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-14 ワコー代々木ビル2F

お役立ち資料のご案内

とにかく資料だけ送ってほしいという企業様

金額にまつわる内容や弊社オリジナル事例の内容などをまとめた資料をご案内しております。
恐れ入りますが、お役立ち資料のダウンロードをお願いします。

パートナー専用資料ダウンロード

資料イメージ