宣伝商品と目標の設定:「とりあえず」自分でGoogleに広告を出すための解説5|リスティング広告運用代行正規代理店のASUE(アスエ)株式会社

2014年05月02日 Google AdWords

宣伝商品と目標の設定:「とりあえず」自分でGoogleに広告を出すための解説5

こんにちは!
ASUEのカズです!

第一回第二回がリスティング広告の概念、第三回がGoogleアカウント、第四回はGoogleAdWordsアカウント開設でした。

第五回目となる今回は、一旦オフラインに戻って、「なにをどう宣伝したいのか」を考えます。

google_ads5

 

なにを宣伝したいのか

これを読んでくださっている方は、「宣伝してバンバン売りたい何か」を持っていらっしゃるのだと思います。
もちろん、「商品」でなくて、サービスであったり、レストランやサロンの予約であったりするかもしれません。
過去には、自分自身を宣伝して、彼女を手に入れた人もいました(笑)
まさになんでもOKなわけです。

ですが、「欲しいんだけど見つけにくいもの」がもっともリスティング広告に向いているといわれています。

例えば、「虫取り網」で調べると以下のような結果になります。

1

google検索結果(2014年5月2日現在)

 

しかしながら、これらの虫取り網、可愛くない
女の子向けの可愛い虫取り網が欲しい!ハート形のやつ!」と思った、とある若いお母さんが検索してみます。

google検索結果(2014年5月2日現在)

google検索結果(2014年5月2日現在)

すると、さきほどまで大量に出てきた広告が一切出ませんし、検索結果に購入先も出てきません。
「可愛い虫取り網」でも同じような結果です。

ここに、ハート形の虫取り網を販売している通販会社などが広告を出稿したら、競合がいない分、結果が出やすいですね。
もちろん、ハート形の虫取り網にどれだけニーズがあるかは甚だ疑問ですが(笑)

ちょっと前置きが長くなりましたが、そういう感じで、まずは「売りたい商品」を決めます

ASUEは最近、ちょっと良いコーヒーメーカーが導入されたので、「ASUE-CAFEを開こう!さらに、缶コーヒー化してウェブ通販で売ろう!」と代表が言い出したと仮定して話を進めていきます(笑)
ということで、

  • ASUE-CAFE(実店舗)
  • 缶コーヒー(通販)

が宣伝したい商品ということになります。

「目標」を決める

売りたい商品が決まったら、次は「目標」を決めます。

「商品が売れることに決まってるだろ!」と怒られそうですが、今回の例では「缶コーヒーを通販で売る」場合はそうなります。
ですが、商品が売れることを「ASUE-CAFE」の「目標」にしてしまうと、広告を出した結果の計測が難しくなります。

もちろん、

リスティング広告=>来店増える=>売上アップ

となりますが、それがリスティング広告のおかげなのか、その他の営業努力のおかげなのか見えてきません
効果が見えなければ、「もしかして、リスティング広告って関係ないんじゃない?」と思ってリスティング広告を止める方向になってしまうかもしれません。

なので、「効果を計測可能な目標設定」をする必要があります。

「【とりあえず】広告出したいだけだし、計測できなくても……」
と思われるかもしれませんが、後々、もっとしっかり運用したくなったときに困りますので、【とりあえず】計測可能な目標を設定しましょう!

商品が売れる以外にどういう目標が「計測可能」かというと、

  • ネットからのお申込み・お問い合わせ・資料請求など
  • メールアドレス登録
  • pdfなどのダウンロード

などが計測可能な目標になります。

今回の例では、

  • 缶コーヒー:「通販サイトで売る」のが目標
  • ASUE-CAFE:ネット限定クーポンのダウンロード

を目標に設定しようと思います!

 今回のまとめ

・宣伝する商品を決める
・計測可能な目標を設定する

次はいよいよ、「キーワード」を決めていきます!

TAG

RELATED POST

関連記事

ASUEの最新情報を
お届けします。

お電話でのお問い合わせ

ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで! ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで!

※本ダイヤルはリスティング広告認定資格者が対応いたします。

[営業時間]9:00~18:30 [定休日]土・日・祝

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

ページ上部へ戻る