リスティング広告運用代行正規代理店のASUE

2013年12月12日 Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!リスティング広告、33文字の広告文が完全終了へ。その意図を探ってみた!

Yahoo! Japan プロモーション広告

こんにちは、川崎です。

以前からYahoo!リスティングの広告文の変更についてはお伝えしてきました。
参考:Yahoo!リスティング広告、またも今秋に説明文の仕様変更。その影響は?(2013/09/03)

今回はさらに広告文の表示について変更があります。その内容を噛み砕いてみました。
合わせてこれらの一連の変更が何を意味しているのか考えてみました。

どんな変更なの?

33文字で1行の広告文だった広告が、19文字で2行の広告文の表示になることは以前の記事でお伝えしました。
実際に2013年の秋から作成しましたリスティング広告のアカウントでは、実際に19文字で2行の広告文の運用が始まっています。
しかし既に33文字で広告文を作ってしまって運用を始めてしまっているアカウントが大多数であり、突然広告文の表示のされ方が変わるのは望ましくはなかったでしょう。

そのため秋の変更の段階では、既に33文字で広告が作られている広告については引き続きそのままで運用できる、という条件がついていました。

今回はその条件が外れて、運用中の33文字の広告も完全に終了するというものです。
既に運用されている広告についてはYahoo!側の自動移行が行われるようですが、ここで注意が必要です。

——————————————————

お願い:
自動移行後は、説明文が意図しない位置で改行される可能性があります。希望する位置で改行したい場合は、「38文字(19文字×2行)以内」の説明文で再入稿を行ってください。

——————————————————

Yahoo!リスティング広告の担当者宛に来ている変更のメールの告知より抜粋しました。
強制的に33文字で1行の広告文を2行に割るため、意図しないところで強制的に改行される場合があること、そうなってしまった場合には手動で調整してほしい、ということが書かれています。

実際に移行がされた後はチェックが必要ですね!

この変更の背景にあるもの

じつはこの広告文字数の変更、Yahoo!リスティング広告のユニファイドキャンペーンというものの一環でした。

ユニファイドキャンペーンとは、スマホやタブレットの使用比率の上昇に伴って、リスティング広告もスマホなどのデバイスに対応していこう、というキャンペーンです。
実際にスマホで現状の広告を何か見てみました。

スマホより「車」で検索した結果に表示されたYahoo!リスティング広告

スマホより「車」で検索した結果に表示されたYahoo!リスティング広告 ※上記の広告は当社お客様のものではございません。

このように中途半端なところで画面の端まで広告文が差し掛かってしまい、意図しない改行が入るのが分かります。
この見せ方を綺麗にするため19文字で一度必ず改行を入れさせるようにしたい、という意図がうかがえますね。

そもそもYahoo!側でも2013年7月に発表されたデータとして約57%の人がPC、スマホといった具合に複数の機器で検索を利用しているという発表がありました。
(マルチデバイスの使用実態:http://web-tan.forum.impressrd.jp/yahooads/2013/10/31/16290/page%3D0%2C1参照)

このような時代背景からリスティング広告の在り方もどんどん変えていかないといけない、と思っているのが分かりますね。

最後にまとめ

広告文の文字数・改行の変更はスマホなどの機器を使って検索したときを考えたもの。
自動移行したあとの改行の位置だけは移行後にチェックしておきましょう!

移行は2014年2月1日~2月2日に一斉に行われるようです。
Yahoo!リスティング広告、医療関係の広告の指針に変更アリ! 年明けに注意!」で記載しましたように、年明けにいきなり大きな動きがありますが、2月は2月でまた大きな動きになりそうです。今後もリスティング広告からは目が離せれませんね!

ASUE通信編集部

ASUE通信編集部

ASUE通信の編集部です。みなさんのお役に立てるような情報を更新していきます!

RELATED POST

関連記事

ASUEの最新情報を
お届けします。

お電話でのお問い合わせ

ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで! ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで!

※本ダイヤルはリスティング広告認定資格者が対応いたします。

[営業時間]9:00~18:30 [定休日]土・日・祝

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

ページ上部へ戻る