リスティング広告運用代行正規代理店のASUE

2013年10月22日 リスティング広告

“制作会社様・広告代理店様向け”リスティング広告の外注業者との協業時の注意点

こんにちは、川崎です。

昨日はリスティング広告を発注するWeb担当者さんや経営者さんの目線でお話しましたが、
本日はリスティング広告を外注業者さんに発注する制作業者さん・広告業者さんの
目線でお話を続けてみたいと思います。

外注業者さんと折衝するとき、どのような注意をすればよいでしょうか。

こんな内容に注意しましょう

■目標は適切で無理のない範囲で策定する
■改善を急かしすぎない、極端な改善を行わない

こういったことを無理に行った場合、
最終的にリスティング広告から撤退することになったり、
広告予算の縮小といったことも待ち受けている……かもしれません。
そのようなことにならないよう、ひとつずつ理解していきましょう。

ひとつずつ見てみましょう

■目標は適切で無理のない範囲で策定する

丸投げする外注元の方は「お問い合わせ何件!」という具合に
最終的な目標だけを大きく掲げているだけ、というパターンがあります。

外注したい広告の商材や業界により、
見込み顧客にお問い合わせをいただくまで長いスパンがかかる
お問い合わせに何度も回答したり来店応対の末、成約にいたる
などの状況が考えられます。

また売りたい商材が業界内でどういった位置づけで顧客から見られているか、
によっても変わってくるでしょう。

商材の実情も分からないまま「お問い合わせ何件」と決めてしまうのは、
無理な目標を設定してしまうかも知れません。

そこで外注を行う業者さんはお客様の「3C分析」「マーケティング4P」といった
マーケティングの情報を外注先に渡してあげましょう。

——————————————————

◎3C分析

3C分析とは、外部環境の市場と競合の分析からKSFを見つけ出し、自社の戦略に活かす分析をするフレームワーク。
3Cとは、「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字。

01

GLOBIS MANAGEMENT SCHOOL MBA用語集:3C分析より抜粋

◎マーケティングの4P

4Pとは、マーケティング戦略の立案・実行プロセスの1つである、マーケティング・ミックスにおいてコントロールできる主な要素。
製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、コミュニケーション(Promotion)の頭文字を取って4Pと呼ばれる。

02

GLOBIS MANAGEMENT SCHOOL MBA用語集:4Pより抜粋

——————————————————

このような情報を渡してあげることにより、
リスティング広告の位置づけ、重要性が分かるようになってきます。
そして自社、外注先でお互いに情報を共有したうえで目標を設定していくことが重要です。

■改善を急かしすぎない、極端な改善を行わない

改善の施策を急かすと、早急に効力を発揮する施策を打ち出そうとするあまり、
必要な期間をもって効果を検証しなければならない施策が
「効果なし」と位置付けられてしまう恐れがあります。

その結果、これから効果がではじめるはずだったにも関わらず、
効果を上げようとして極端な施策に走り始めます。

たとえば、以下のような施策がそれに該当します。
・効果がないと思われてしまったキーワードや広告グループなどの出稿停止
・極端な配信スケジュール設定
・極端にプレースメントを絞ったり、出稿地域を絞る
・デバイス(スマホ・タブレット・PC)のどれかに絞る

もちろん十分な検証の上で判断したことであれば、
これらの施策も行っても問題はありません。
しかしその場合でも、施策を行った後の効果はしっかりと追いましょう

例えばBtoB(企業間取引)が主な会社で、土日の広告配信を止めてしまったため、
「既存の顧客の発注の問い合わせは来るが、新規顧客からの取引の打診が来なくなった」
といった事例もあります。
よく事情をおうかがいしてみたところ、
新規顧客からの問い合わせは、見込み顧客の管理職以上の方が発注先を選定していたため、
どうしても土日にそういった相談が多くなっていた、ということが分かりました。

単に何でもいいから大幅改善をするのではなく、
お問い合わせの実態からじっくり見直していくことが大切だと思います。

最後にまとめ

リスティング広告を外注して成功したい方は、
情報を共有して無理のない目標設定と、
ある程度の期間を見据えた上での改善施策を検討しましょう!

ホームページを作る場合でも、マーケティングの要素を取り入れて
作られる業者さんも近年は多くなってきています。
アクセス解析からホームページの改善案を打ち出す場合でも同様です。
じっくり粘り腰で、手を取り合って成功に向かっていきましょう!

ASUE通信編集部

ASUE通信編集部

ASUE通信の編集部です。みなさんのお役に立てるような情報を更新していきます!

RELATED POST

関連記事

ASUEの最新情報を
お届けします。

お電話でのお問い合わせ

ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで! ASUE株式会社へのお電話でのお問い合わせは0120-212-183まで!

※本ダイヤルはリスティング広告認定資格者が対応いたします。

[営業時間]9:00~18:30 [定休日]土・日・祝

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

ページ上部へ戻る